外国人の方が日本へ旅行へ来たり、日本に住んだりする為には日本国からの許可が必要になります。その際取得するべき資格の事を「在留資格」といいます。
在留資格下記のような種類があります。

新人行政書士さんへのオススメ業務
在留資格取得支援

行政書士の仕事 ビザ在留資格一覧表

上記のような在留資格を外国人の方が取得する為には、本来、出入国在留管理局へ本人が出頭し申請の手続きをする必要がありますが、難しい日本語の書類作成や複雑な行政への申請手続きを行うのは本人お一人では困難な場合が多く、その手続きの支援を求める外国人の方は沢山いらっしゃいます。
このような方の支援や本人の代理に申請手続きを行う事は行政書士の業務の一つになります。
特に申請取次行政書士は、行政書士の中でも出入国管理に関する一定の研修を修了した行政書士で、申請人に代わって申請書などを本人に代わって提出する事が認められた行政書士です。
外国語に自信のある方はこの在留資格取得支援業務に注力されても良いかと思います。

動画でのかんたん業務説明はこちら

開業予定行政書士向け お仕事内容ご説明 第3弾 外国人支援、ビザサポート業務について
avatar
補助金の広場
コロナの影響で、外国人の入国がストップし、この在留資格取得支援業務の需要は激減しました。
しかし、長期的視野で考えると国際化が進む日本に必要不可欠な業務と言えますので、将来的にニーズの高いお仕事と言えるでしょう。